便利グッズ

microSDXCと普通のmicroSDカードの違いは?128GBを買うポイント

いざ「MicroSDカード」を買おうとしたら、いろんな種類がある…

とにかく写真も動画も音楽もたくさん入れたいので、
128GBのMicroSDカードを買おうと思って、選び方を調べてみました。

まず、microSD、SDHC、SDXC、は
同じマイクロSDカードですが、呼び方が違うのはなぜ?

忘れないように図を作ってみました。

microSDXCとmicroSDの違い

microSDXCと普通のmicroSDカードの
呼び方の違いは、SDカードの容量の違いだったんですね。

ロゴも違いますね。

  • microSD ⇒ 2GBまで
  • microSDHC ⇒ 4GB~32GB
  • microSDXC ⇒ 64GB~2TB

容量で分かれていますが、中身はmicroSDカードなので、
どれも同じように「microSD」と呼んでOK!

ここで注意するポイントは?

例えば、
容量が多きい「SDXCカード」を使うなら、
スマホなどの機器に「SDXC(64GB~2TB)対応機器」
と書いてあれば全てのSDカードが使えます

でも、「SDHC(4GB~32GB)対応」と書いてあれば、
SDHCは使えるけど、SDXC(64GB~2TB)は使えません

これは、使う機器の取扱説明書を確認するしかありません。

↓↓↓今日のmicroSDカードランキング!
SDメモリーカードランキング【楽天】

microsdカード128GBのおすすめは?

価格だけでなく、信用できるメーカーを選びたいですよね。

我が家はコレまで
「TOSHIBA(東芝)」か「SanDisk(サンディスク)」を使ってきました。

理由は、
このフラッシュメモリを開発したのが東芝だから。

そして、
東芝の工場で作ったフラッシュメモリは「SanDisk」でも使われているんです。

sandiskという会社はアメリカにありますが、
大事な部品は「日本」で作られてというわけです。

この話は、電子機器に詳しい友人に教えてもらいました…

ですから、
私のおすすめのメーカーは「TOSHIBA」か「SanDisk」!

二つを比べると、
並行輸入品になりますが、最終的に価格がお安い「SanDisk」にしました…。

で、128MBなら、アマゾンも楽天も価格はかわりませんでした。

メーカーは、TOSHIBA や SanDisk だけでなく
有名な会社のsdカードなら大丈夫です。

例えば、トランセンド(Transcend)、サムスン(SAMSUNG)でもok。

価格よりも大事なmicroSDカードの規格

microSDカードには、ややこしいですが規格があります。

普通の写真、動画(フルHD)用を選ぶ2つのポイント

主に2つの規格を確認すればOK

  • SDスピードクラス ⇒ 10
  • UHS Speed Class ⇒ 1

4Kビデオで動画を録画するための2つのポイント

4Kは新しい2つの規格を確認すればOK

  • UHS Speed Class ⇒ 3
  • ビデオスピードクラス ⇒ V30

この規格以上であれば、フルHDも4Kの動画撮影も対応できます。

「ビデオスピードクラス:V30」の規格は、動画撮影用です。
4Kで動画を撮るなら、最低でもV30以上は必要ということ。

スピードクラスって何?

SDカードにデータを書いたり、
SDカードからデータを読み込む速さの規格です。

数字が大きければ、データを転送する速度は速くなるということです。

数字が小さいと、
デジカメで連写できないとか、
動画が録画できない症状が発生します。

スピードクラスは、今なら「class10」を選びます。

最後に

今、microSDカードは32GBを使っています。

これから4Kで撮影で使いたいので、
128GBのSDカードの購入を検討するために調べて、
最終的に、SanDiskの

CLASS10
UHS-I Class3
の128GBを購入しました。

-便利グッズ
-

Copyright© 通販で楽しい生活!人気商品みつけた , 2022 All Rights Reserved.