便利グッズ

クーラーボックスはコールマンかイグルーのどっち保冷力がある?口コミは

クーラーボックスの中でもコールマンとイグルー(igloo)は人気ですね。

どちらが「保冷力」があるのか?
口コミだけでなく、アウトドアが大好きな家族の話も聞きました。

答えは?

「どちらも、すごい!」
「使い方で次第だけど、どちらでも大丈夫」

ということでした。

↓↓↓人気の最新ランキング
今日のクーラーボックスランキング【楽天】

クーラーボックスの小型で保冷力強いタイプは?

クーラーボックスには大きく分けて2つのタイプがあります。

  • ソフトタイプ
  • ハードタイプ

ソフトタイプの特徴は

  • ハードタイプよりも保冷力は落ちる
  • 軽量で持ち運びしやすい
  • 未使用時は折りたたんでコンパクトに収納OK

我が家は、近場でバーベキューするときにソフトタイプを使っています。
保冷材を入れておけば、4~5時間は余裕です。

あとは、夏場の買い物にも便利なんです。
大きさは、15L以上のを選びました。

サーモス(THERMOS) のソフトクーラーボックスは断熱材にいいものを使っていますね。

ハードタイプの特徴は

  • 頑丈で保冷力が高い
  • 肩ベルトやキャスター付きもある
  • 丈夫なので上に物を載せてもOK

1~2泊でキャンプしたり、BBQに行くときに便利!

我が家は、ソフトタイプ(20L)と、
ハードタイプ(28L)キャスターつきの2つ使っています。

ソフトタイプは当日使うものや、ドリンク系を入れて、
ハードタイプの大きめのボックスにはお肉、魚介などの食材を入れています。

ポイントは、
開け閉めの回数を減らすこと

どんなに優秀なクーラーボックスでも、1回あけるごとに温度は上昇します。
だから、大型の保冷力のあるクーラーボックスには、頻繁に開けないですむ物を中心に入れます。

たとえば、腐ると困る食材を中心に、
冷凍できるものはあらかじめ冷凍しておきます。

飲み物も凍らせて、保冷材代わりにします。

で、我が家のクーラーボックスは、イグルー(igloo)です。
アメリカでも人気があって、見た目シンプル。

そして、保冷力は問題なし!

使い方次第で2日は軽く保冷してくれますよ。

家族4人で宿泊するキャンプなら、
28L~50Lのキャスターつきがいいですね。

コールマンもいいんだけど、スッキリしてるイグルー(igloo)推し。

クーラーボックスのイグルーとコールマンのキャスターつき

容量は大きい方がいいのですが、重たくなる…

30Lのクーラーボックスの中に飲み物や食材を入れると、20キロは越えます…。
ベルトを使っても、重くて大変。

ですから、キャスターつきなんです。

コールマンなら、コレ!

家族4人なら30L前後で活躍できる場面は多いです。

このサイズだと、
目安としては、保冷材と2Lのペットボトルが6本くらい入る大きさかな。

我が家の場合は、2Lのペットボトル2本凍らせて、食品を詰める感じです。
コレでも、結構な重さになる。

あとは、
保冷力を高めるために「発泡ウレタン」を使っていることが条件。

つり用のクーラーボックスには、
真空パネル+発泡ウレタン」というのもあります。

お値段は上がりますが、保冷力は抜群!

なんだ、かんだと1年中使えるクーラーボックスですから、
保冷力が高いものを選ぶべきですね。

あとは、日帰りのバーベキューやピクニック・運動会、
または、泊りがけのキャンプといった時のサイズ選びはどうするか?ですね。

家族4人の1泊のキャンプなら、50Lもあれば大丈夫なんですが、
我が家は、2つに分けてます。

20L前後のソフトタイプと、
30L前後のハードタイプです。

まとめると

  • 近場のアウトドアなら、ソフトタイプのクーラーボックスでも活躍してくれる。
  • 泊りがけのキャンプや旅行に最適なのは、
    キャスターつきのハードタイプのクーラーボックス。
  • 保冷力のたかい「発泡ウレタンや真空パネル」を使用したものが良い。

お友達の家族も我が家と同じようにクーラーボックスは2種類を使い分けてる感です。

特に、ソフトタイプは軽くてコンパクトなのでよく使いますね。

ココで紹介したクーラーボックスが我が家の最強!の組み合わせです^^

-便利グッズ
-

Copyright© 通販で楽しい生活!人気商品みつけた , 2021 All Rights Reserved.