出来事

ニノ(二宮和也)主演ドラマ「ブラックペアン」の台詞「〇〇」が、マジでいい!


日曜のTBS系でやってたドラマ「ブラックペアン」面白かった?

にの君の役、渡海(とかい)先生が、いい感じです。

なんたって、渡海先生は天才外科医で、
師匠の“神の手”を持つ「佐伯教授」よりも手術の腕がよい、のですから!

病院では、渡海先生は、
「患者を生かし、医者を殺す」といわれている。

組織としての地位は低いけど、手術の腕は一級品!

で、病院の未来を左右する手術中に事件が起こるんです。
手術中予測できない事態になり、渡海先生が登場します。

そこで、呆然となった先生に、

 

「邪魔」(じゃま)

 
といいます。

「じゃま」

屈辱的な言葉です。

小泉孝太郎さん演じる、「高階(たかしな)先生」は、
国立の大病院から、いろんな大人の事情で、一時的にやってきた先生です。

目的は、アメリカから持ってきた新しい医療器具を使って頂点に立つこと。

それを使う場面がやってきました。
いろんな、しがらみが、からんでます。

その手術中に、出血が止まらなくなって、
どうしようもなく、佐伯教授に助けをもとめるけど、、、
拒否されます。

そこで、密かに看護師が「渡海先生」を読んでいて、登場!

でも、もともと、高階と渡海の二人には約束があった。
失敗したら、どちらかがやめる、と。

高階(小泉)は切羽詰まった状況で困っていますが、負けとは言いません。

「助けるのが当たり前やろ」という空気なんですが、
「負け」を認めない高階(小泉)先生。

渡海先生(にの)は、出ていきます。

研修医の世良先生にとって、初めての患者さんです。
(本来は、渡海先生が担当なんですが)
そこで、研修医の世良先生は土下座して頼みこむわけです。

「いくら払えば助けてくれるんですか!」と。

で、渡海先生が手術室に戻ってきて、
神の手のごとく、鮮やかに難しい手術をして、成功させます。

そこで、渡海(にの)先生は、研修医の世良先生にいいます、
 
「一億」 と。

 

さて、二宮君の演技もいいけど、
私的には、小泉孝太郎さん演じる、高階権太(たかしな ごんた)先生にはまった。

「孝太郎氏」本人とかぶって、
なんだか、ドハマリすぎて笑った^^

賢くて、何でもできるイメージだけど、ビビリ~的で、失敗するところ。。。

あくまでも、イメージですよ。

2話が楽しみです。

-出来事
-

Copyright© 通販で楽しい生活!人気商品みつけた , 2021 All Rights Reserved.